サンドウェッジのバウンス角の選び方

初心者におすすめはローバンスそれともハイバンス?
サンドウェッジには、
ソールに盛り上がった部分があり、
バウンスがあり、

このバンスがあることでリーディングエッジが刺さりにくくなっています。

このバンスの角度が
大きいウェッジをハイバウンス
小さいウェッジをローバウンスという。

ハイバウンスとローバウンス、どちらを選べば良いの?

ローバンスの方がシビアで上級者向け、
ハイバンスの方が初心者向け、だといわれています。

でも実は、上級者向けや初心者向けでは無く、

その人の打ち方やコース条件」によってバウンス角を変えるのがベストです。

ハイバウンスは、
ダウンブローに打つタイプのゴルファーに向きで、柔らかい地面やバンカーショットが苦手な人に向いています。

ローバウンスは、
すくい打ちでボールを拾う打ち方をするゴルファーに向きで、硬めの地面やバンカー、フルショットする場合に適しています。

つまり、

ダウンブローに打ち込んでも刺さりにくいため、バンカーショットが苦手でやさしくバンカーから脱出したい人や、ダフりやすい初心者には

ハイバウンスのサンドウェッジがおすすめ!

すくい打ちでボールを拾う打ち方をする人や、ダフりよりヘッドがはねるのが気になる人、フルショットでしっかりと打ちたい人には

ローバウンスのサンドウェッジがおすすめ!

になります。

しかし、ピッチングウェッジがストロングロフト化している今のアイアンセットでは、ウェッジ1本で距離やライの状況にあった打ち分けをするには、無理があるので

ウェッジの本数を増やすことをおすすめします。

おすすめサンドウェッジのロフト角は

初心者にやさしいサンドウェッジのロフト角は56度
サンドウェッジのロフト角で56度と58度、
どちらがやさしいかといえば

56度のサンドウェッジです。

たとえば、バンカーショット。

56度のサンドウェッジだったら、多少ミスしてもロフトがたっている分ボールが前に飛んでくれ脱出できる可能性が高い。

ラフからのアプローチショットだったら、

芝でボールが浮いていたり、58度のサンドウェッジだとロフトが寝ている分、だるま落としになる確率が高くなります。

また、クラブセッティングとして56度のサンドウェッジの方が、バンス角の種類も少なくサンドウェッジを選ぶときに失敗が少ない。

つまり、初心者にはロフト角56度のサンドウェッジがオススメなのです。


ウェッジの基本ロフトと飛距離

ウェッジのロフト角別飛距離の目安を知ろう

PW(ピッチングウェッジ)

ロフト角は45〜48度で
100〜110ヤードを打つ。

AW(アプローチウェッジ)

ロフト角は50〜54度で
主に100ヤード前後を打つ。

SW(サンドウェッジ)

ロフト角は54〜58度で
主にバンカーショットや80ヤード前後を打つ。

LW(ロブウェッジ)

ロフト角は60度以上で
ボールを高く上げたり、スピンをかけたいときに使う。


おすすめウェッジのセッティング

アプローチウェッジを入れる3本セッティングをおすすめ

ウェッジ3本セッティング

基本中の基本セッティング。
PW(ピッチングウェッジ)44〜48度
AW(アプローチウェッジ)52〜53度
SW(サンドウェッジ)56〜58度

アイアンのロフト差が4度刻みのケースが多いので4〜6度刻みにするといい。

一般的にロフトが4度違うと10ヤード飛距離の違いが出る計算が目安
6度違うと15ヤード違いが出ると言うこと。

これで不満なら、ロブウェッジを入れたウェッジ4本セットのウェッジセッティングを検討してみる

3本セッティングおすすめロフト組み合わせ
PW45°+AW50°+SW56°
PW46°+AW52°+SW58°

ウェッジ4本セッティング

ショートゲームを制したいゴルファーにおすすめのセッティング。
PW(ピッチングウェッジ)46度
AW(アプローチウェッジ)52度
SW(サンドウェッジ)56度
LW(ロブウェッジ)60度

4度刻みにするのが基本
飛距離の出るトッププロに多いセッティング。

ウェッジ2本セッティング

一昔前のセッティング。
PW(ピッチングウェッジ)50度
SW(サンドウェッジ)56度

今やアイアンのストロングロフト化で50度のPWが無い。やはりアプローチウェッジを入れる3本セッティングをおすすめします。

Top へ